名古屋昭和区で顎関節症でお困りへ

顎関節症はマウスピースで良くなるの?

頭痛はお辛いですね

顎関節症になって歯医者に行くと必ずと言って良いほどマウスピースを作ることになります。この目的としては正しい噛み合わせを矯正するという目的なのですが実はマウスピースで顎関節症が改善する可能性は20パーセントと言われています。つまり残りの大多数の80パーセントの方には効果がないのです、マウスピースを作って正しい噛み合わせの形を作ったとしても周りの筋肉が歪んでいればまた元に戻ってしまいますし、マウスピースを作ることでより噛み締めてしまうという弊害も生まれてきます、

まず意識しなければいけないことは噛み締めないことなのです、普段意識していなければ上の歯下の歯の間は少し隙間があるんですね、しかし痛みや違和感があると気になってどうしても噛み締めてしまいます、これにより中々良くならないという悪循環が生まれます。

まず顎関節症で有効な手段は顔や首の期肉を緩めることなんです。それに顎関節症は様々な合併症も生まれます、頭痛、首痛、肩こり、背中や肩甲骨周りのコリや痛みなども併発します。当院では首や顎周りだけではなく体全体を緩め自律神経を整えて顎関節症にアプローチをしております、なかなか良くならない顎関節の症状がおありであれば顎以外の原因も視野に入れるべきでしょう。いりなか駅前整骨院では顎関節だけでなく全身のチェックも行っておりますのでなかなか良くならない顎関節でお困りの方がいらっしゃいましたら是非当院に来てくださいね。